八重洲パークレット<br>東京都中央区

八重洲パークレット
東京都中央区

多くの観光客やビジネスマンが行き交う東京駅八重洲。
日本の中心地のビル群に紛れ、ある種違和感を感じさせるウッドワーク&植栽の憩いのスペース・YAESU st. PARKLET(八重洲通りパークレット)。
『 PARKLET(パークレット)とは、道路空間を活用・転用して創出された、人が楽しんだり休憩したりできるスペースのこと。 』
このパブリックスペースは海外や日本でも実験的に作られており、YAESU st. PARKLETではウッドデッキ・ウッドフェンス・ベンチなどのウッドーワーク、植栽を行い、それに加えて制作したプランターやテーブルの土台には鉄錆(てつさび)が特徴のコールテン鋼を使用している。
歩道と車道をまたいで設置されたライトグレーのウッドワークの稜線と「YAESU st. PARKLET」の文字は遠目で見てもかなりのインパクトがあり、これからのまちづくりを構成する要素として機能とデザインの両面から見ても面白く可能性を秘めたものだと実感した。

施工年月:2020.8〜10
施工期間:32日間

BEFORE
YAESU st. PARKLET@東京都中央区①
8月末から準備を進めていた東京駅前八重洲通りのYAESU st. PARKLET(八重洲通りパークレット)がようやく完成しました。 『PARKLET(パークレッ…
YAESU st. PARKLET@東京都中央区②
前回紹介した東京駅前八重洲通りのYAESU st. PARKLET(八重洲通りパークレット)の施工途中写真を追加します。 https://tokyo-suish…